現実

今、この瞬間を過ごしている人は昔にはない圧を感じて生きている。

それは誰かからの視線。
誰かからの悪口。
誰かからの期待。
誰かからの監視。

SNSが当たり前のこの時代で常に誰かに見られている感覚。
家にいても落ち着かない時間。
家にいてもSNSで監視されている。
SNSで悪口を言われているのではないかという恐怖。

知らないうちに自分だけ取り残されているのではないかという恐怖。
知らないうちに、仲間外れになっているのではないかという、孤独。
知らない誰かから、「それはダメだ」と否定されている感覚。

見えない誰かの大きな大きな圧。
重たい重たい圧によって押しつぶされそうになるこの時代。

いつ、引きづりこまれて消えてもおかしくない。

ABOUTこの記事をかいた人

夏目來実

この人生ずっとイラストを描いていたい。 デジタル作家です。 ともにたくさんの人に読んでもらえるようなブログを書いています。 この人生、「遊べ!楽しめ!」