この世界で生きる

人間は、悲しい思いをするために生まれたのだろうか。
この世に、苦しい思いをするために生まれたのだろうか。

不幸になるために生まれたわけじゃない。
でも「幸せになるために生まれた」と言う人たち。
幸せになるために生まれたと言われてもその根拠は何?

なぜ、人は幸せになるために生まれてきたというのだろうか。
こんなにも苦しみの多いこの世界で、
幸せを感じる人は、どのくらいいるのだろうか。

こんなにも辛いのは自分だけなのではないか。
そう思ってしまう自分の人生。

身体も心も痛みと苦しみで血に染まる。

ABOUTこの記事をかいた人

夏目來実

この人生ずっとイラストを描いていたい。 デジタル作家です。 ともにたくさんの人に読んでもらえるようなブログを書いています。 この人生、「遊べ!楽しめ!」